株式会社吾妻商会

トップページ > 製品情報 > 逆走対策

逆走防止


アヅマの逆走防止対策

逆走事案の約6割は、インターチェンジ(IC)やパーキング(PA・SA)及びジャンクション(JCT)で発生しております。また、逆走したドライバーの約45%が75歳以上を占めています。逆走を防止するため、吾妻商会は見やすくわかりやすい逆走防止製品を提案いたします。

逆走防止製品@
 ・ラバーポールウィングサイン
  インターチェンジやパーキング及びジャンクション合流部(ゼブラゾーン)に設置された
  ラバーポールに取付ける薄暮時や雨天時にもはっきりと視認できる蛍光反射シートを使用した
  逆走防止サイン板です。
  本線走行車両及び合流車両のどちらからも確認でき走行方向を誘導し逆走を防止します。

逆走防止製品A
 ・ソーラー式LED発光体
  インターチェンジやパーキング及びジャンクション合流部(ゼブラゾーン)に設置された
  ラバーポールに取付けるLED発光体です。発光方法は、手前から進行方向へ流れるように
  点滅する順次発光方式を採用しドライバーに進行方向を誘導し逆走を防止します。

逆走を防ぐために

高速道路での逆走が近年多発しており、逆走車両だけでなく正しく走行している方も巻き込まれ、正面衝突するなど悲惨な事故が後を絶ちません。弊社は、逆走を未然に防ぐ目的で、従来実績のある製品を応用し逆走防止システムを提案します。

     
(ソーラー式LED 発光体)
●既設ラバーポール頭頂部にソーラー式LED発光体を取付ます。
●夜間に発光部が順次点滅(レーンライティングの様に前方に流れる様に発光)する事により、進行方向を明示し逆走を防止します。
●発光部本体及び取付架台はほぼ樹脂で形成(蓄電体等一部金属部あり)されている為、車両が接触し発光部が飛散しても発光部は破壊されるが二次災害が起きる可能性は少ない製品です。
●蓄電体に電気二重層コンデンサを採用し長寿命が期待されます。(期待寿命7〜10年程度)
(蛍光反射シートサイン板)
●既設ラバーポールに扇型(ランプ部・本線部の2方向から視認可能)の蛍光反射シートサイン板を取付ます。
●文字や矢印を大きく表示し運転者に注意喚起を行います。
●蛍光反射シートを使用する事により、薄暮時や雨天時の視認効果が向上します。
●サイン板の基板にポリプロピレンシート(軽量樹脂板)を使用。車両が接触し破損飛散しても二次災害の危険が非常に少ない製品です。
     

Page Top

Copyright © AZUMA SHOKAI Co.,Ltd. All Rights Reserved.